【2023秋冬】旬顔アイテムをプラスして、ワードローブの鮮度を底上げ!

エル・ショップバイヤーのHARUMIです。
長い夏がやっと終わって、待ちに待った秋の到来。
肌寒さも感じるほど冬が近づいているのをじわじわ感じますね。
夏服を着る時期が長すぎて、早く秋服にスイッチしたくてウズウズしていました。

秋冬物を引っ張りだして着てみたものの、何だか今一つしっくり来ない、気分じゃないなと感じることはありませんか?


そんな時には、旬顔アイテムを1点でも投入して既存のワードローブを少しアップデートさせてみてください。
ひとつアイテムをスイッチするだけでも十分に、今までのコーディネートが一気にフレッシュな印象になり、気分もあがること間違いなし。
ファッションの移り変わりは本当に早いので、旬顔アイテムをプラスするだけで、日々のコーディネートの鮮度がグンとアップしますよ。

今回はそのコツをご紹介します!

 

【INDEX】

【クロップドニット】
【ショート&ミドルジレ】
【ブルゾン&ショート、ハーフコート】
【ジャンプスーツ】
【ジュエリー】

 


【クロップドニット】

トレンドのメインストリームとなりつつあるクロップド丈。ウエストやヒップをすっぽりとカバーするレングスに慣れてしまった皆さんにも、ぜひトライしていただきたいアイテム。意外とハードル高くなく、今っぽいスタイルになるので本当におすすめです。

「ルームエイト」【Room no.8 BLACK】ROYAL RIB スクエアネックトップス

「アダワス」ケーブルニットベスト

「アダワス」ケーブルニットカーディガン

 

コーディネート左
「ルームエイト」【Room no.8 BLACK】ROYAL RIB スクエアネックトップス
「チノ」ダブルクロスワークパンツ
「マニプリ」中綿入り縦長トート
「ペリーコ」ツイードフレアヒールミュール

コーディネート右
「アダワス」ケーブルニットベスト
「イレーヴ」シェットランドウールツイードジャケット
「エイトン」WOOL CASHMERE SILK タンクトップドレス
「イリスフォーセブン」【ELLE SHOP別注】bow ピアス
「ペリーコ」【PELLICO SUNNY】LASALLE サイドゴアブーツ

タックインしてウエストを見せるスタイルがスタンダードになっている今、タックインしなくても鮮度を上げるスタイルが叶います。丁度ウエストが隠れる位置くらいのレングスをチョイスするのがスタイルアップのコツ。一番気になるのがお腹周りですよね。ハイウエストの太めなパンツやワンピースにレイヤードすれば、そんなお悩みも解消してくれるはず。ウエストはカバーするのではなく、マークしてメリハリを付けた方が断然今っぽい印象に。

 

<その他おすすめニット>

「アンスクリア」ドライバープルオーバー

「アダワス」ヘリンボーン インレイベスト

「エスロー」7G 片畦編みショートカーディガン

「ミューラル」Snow cover ジップニットカーディガン

「イレーヴ」ウールモヘア フェアアイルニット

「ドメル」クルーネックカーディガン

 

 


【ショート&ミドルジレ】

皆さんもクローゼットに1着はあるのではないでしょうか。もはや定番となりつつあるジレも、トレンドはショート丈に。ロングジレもまだまだ人気はありますが、ロングに次いでゲットしておきたいのは、ショートジレです。クロップドニットがトレンドだというお話からも分かるように、トップスは短めが増えていますね。

 

「イレーヴ」【YLEVE×LAVENHAM】ジップジレ

「アダワス」ループニットベスト

 

コーディネート左
「チノ」CAVARLEY W ボタンジレ
「エイトン」MODAL SILKジャージータートルネック
「エイトン」WOOL TROPICAL ワイドイージーパンツ
「エスロー」LANDSCAPE ドローストリングバッグ
「セルジオ ロッシ」sr1 2wayムートンスリッパ

コーディネート右
「エスロー」フラットカラーベスト
「エスロー」スモックパーカ ーシャツ
「フローレント」サキソニーロングスカート
「サルトル」バックベルト付きジョッキーブーツ

タックインしたTシャツやブラウスの上に羽織ると本当にバランスがよく、インナーをハイゲージニットにスイッチすれば冬まで使えます。「イレーヴ」のような中綿のジレは、アウターのインナーだけでなく、アウターの外にレイヤードすると、手持ちのアウターの鮮度もアップしますよ。

 

<その他のおすすめジレ>

「アダワス」ループニットベスト

「シーオール」REVER MELTON オーバーサイズジレ

「ドメル」コットンウール ツイルベスト

「アダワス」アルパカループ コクーンベスト

「ルームエイト」【Room no.8 BLACK】ジョーゼット 1BUTTON ジレ

「ウジョー」Wool Serge 6ボタンダブル スリットベスト

 

 


【ブルゾン&ショート、ハーフコート】

アウターもミドル~ショート丈のちょっと短めが気分。特に秋から冬にかけては、気候にあわせて着脱する機会も多かったり、車を利用する方や電車で座ったりするときなど、裾を巻き込まずに動作できるものの方が使いやすいと感じる方も多いはず。ロング丈は、既にお持ちの方も多いと思いますので、ちょっと気分をかえて短めのアウターでいつもスタイルを軽快にアップデートしてみては!

「カバナ」ガンクラブチェック スタンドフォールカラージャケット

「ルームエイト」【Room no.8 BLACK】LAME TWEED ハーフコート

 

コーディネート左
「チノ」チェックメルトンコクーンコート
「ドメル」バックギャザーシャツ
「イレーヴ」13.5ozデニムバギーパンツ フェイド
「マリハ」Ancient Memories ネックレス Athena/Warriors レクタングルチェーン45cm
「ピッピシック」REMY Deeply クリスタルフリンジフラットシューズ

コーディネート右
「アダワス」フェイクムートン ボンバージャケット
「アダワス」SEMI SHEER カシミア タートルネック
「イレーヴ」ウールシャンブレーフランネルワンピース
「ヴァジック」Laurel ハンドバッグ
「セルジオ ロッシ」srKIM ブーティ

 

<その他おすすめアウター>

「チノ」ECONYLパディングショートジャケット

「レキサミ」ボアジップアップブルゾン

「エムダブリュー」MIXツイード ノーカラー ジャケット

「イレーヴ」ウールダブルクロスシープコート

「ルームエイト」AIR JERSEY オーバーサイズハーフコート

「ニアー ニッポン」パイルメルトンショートコート

 

 


【ジャンプスーツ】

今シーズン、多くのブランドから登場しているジャンプスーツ。個人的にも大好きなアイテムで、イージーにセットアップが叶い、時短コーデに大活躍します。食事会やカジュアルなオケージョンシーンにも万能なので、年末にむけて揃えておきたいアイテムです。セットアップ風なデザインやベルト付きなどウエストマークしたデザインも豊富。

「ドメル」ウールデニム ジャンプスーツ

「アキラナカ」Beata ラップスリージャンプスーツ

 

コーディネート左
「ルームエイト」【Room no.8 BLACK】ジョーゼット ダイアゴナル オールインワン
「エムダブリュー」MIXツイード ノーカラー ジャケット
「ザンケッティ」MARKET BAG(SHEEPSKIN)
「ネブローニ」バックル付きバックストラップフラットシューズ

コーディネート右
「エズミ」ドスキンジャンプスーツ
「エイトン」MODAL SILKジャージータートルネック
「ドメル」ペイズリーレースブラウス
「デメリエー ロンドン」Vancouver クロコ型押しショルダーバッグ
「ピッピシック」ANNA V JEWERLY フラットシューズ

ストンとしたシルエットも羽織りをショート丈にして、ウエストをハイマークすることがスタイルアップコーデのコツです!

 

<その他おすすめジャンプスーツ>

「ロキト」フロントレース オールインワン

「ドメル」AMUNDSEN ジャンプスーツ

「ミューラル」Petal レースオーバーオール

「エムティーモデリスト」リサイクルポリエステルドローストリング コンビネゾン

「シーオール」ハイウエストノットパンツ

「イレーヴ」ウールギャバジンオールインワン

 

 


【ジュエリー】

ジュエリーありなしのスタイルは、全くイメージが違います。人と会話をしていると、目線の先にある耳元ジュエリーに視線がいきませんか? 顔に最も近いアイテムだからこそ、客観的にあたえる印象がグッと華やかになります。特に耳元のジュエリーは視線を集めやすいので、要チェックです。デイリーカジュアルでも、ドレスアップスタイルでも、ちょっとアイキャッチーなデザインをチョイスして、いつもスタイルを少しイメチェンさせてみて。

「アルティーダ ウード」【ELLE SHOP限定】elafonisi ニュームーン ピアス(片耳用)

「イリスフォーセブン」【ELLE SHOP別注】bow ピアス

 

<その他おすすめジュエリー>

「ビジュードエム」プチハートピアス(片耳用)

「グリン」スクエアグリーンストーン イヤーカフ

「アデル ビジュー」STAR ハーフパールイヤリング

「ナチュラリ ジュエリー」クリップチェーンイヤーカフ


BLOG

「プラウ」Shell Window ピアス


BLOG

「ノウハウ」Spark クリップ

 

秋冬コーデのイメージが湧いてきたのではないしょうか。
エル・ショップでのショッピングを楽しんでいただく、ヒントになれたらうれしいです。
最後まで読んでいただきありがとうございます。