着用動画がわかりやすい。

この記事は2022.9.1配信のメールマガジン【LETTER from ELLE SHOP】に掲載されました。

メールマガジンのご登録はこちら
ELLE SHOP

ELLE SHOP MAIL

2022.9.1

Letter from ELLE SHOP

新作が続々登場。「コグ ザ ビッグスモーク」の秋冬アイテムは大ヒットの予感満点!

By 「コグ ザ ビッグスモーク」デザイナー Noriko.Iさん

人気ブランド「コグ ザ ビッグスモーク」の7回目のコレクションは、新型や新素材がたくさん登場! 同ブランドのデザイナーNoriko.Iさんの解説とともに、おすすめアイテムをご紹介します。今シーズンは商品ページに動画も設置しているので、ぜひチェックしてくださいね。最後に、エル・ショップスタッフの私的お気に入りアイテムも公開♪

letter

»GEORGIA トレンチコート

「“シーズンレス・サイズレス・エイジレス・トレンドレス・シーンレス・エフォートレス”をコンセプトに、ワンサイズのみのジャージ素材にフォーカスしたコレクションを展開する「コグ ザ ビッグスモーク」。今回はこだわりの素材やシルエットを取り入れた新作を多数ラインナップしています」。

letter

»GINGER トップ

»GIPSY スリットトラウザー

「スクエアスリーブデザインのトップスは、4方向に伸びるストレッチ性に優れたシンセティックレザーの新素材を使用。実際はとてもゆったりしていますが、腕を下ろした横姿は袖がとても華奢に見える視覚効果があります。ルックで合わせている新型のボトムは、裾に緩やかなカーブのスリットが入ったテーパードパンツ。ジョーゼットのような生地でシワになりにくく、きれい目な印象で着こなせます」。

letter

»GISELE ロールネックジレ

»ALISON トラウザー

「ストレートで長いアームラインのロールネックジレは、幅広の身頃ながら上腕を隠すデザインがほっそり見えを実現。裾に入ったゴムで着丈を調整でき、どんなボトムとも好相性です。一見リブニットのように見えますが、裏面はなめらかなコットン素材で、チクチク感のない快適な着心地。ニットのように伸びないのもメリットです。ボトムに合わせているのは継続で展開しているワイドパンツのシンセティックレザータイプ。かなり股上が深く、ウエスト位置の高さを調整するとさまざまなレングスが楽しめます。意外なほどほっそりと見えるので、ビッグサイズのトップスとも相性抜群」。

letter

»GISELE ロールネックジレ

»GENESIS ワイドレッグトラウザー

「こちらのルックでは、先ほどご紹介したロールネックジレのブラックに、新型のワイドレッグトラウザーをコーディネート。非常にワイドなフルレングスながら、裾のボタンを留めることであらゆる身長に対応できるのが最大の特徴です。センタークリースラインがとてもすっきりとした印象。ワイドパンツとしてヒールを合わせたり、裾を絞ってフラットシューズやビーチサンダルでまとめたりと、さまざまなテイストで着用できます」。

letter

»GIOVANNA アコーディオンスカート

「光沢のある素材で仕上げた新型のアコーディオンスカートは、ボリュームのあるトップスとベストマッチ。ルックのようにスニーカーと合わせても、メンズライクなアンクルブーツと合わせても相性が良いミッドレングスです。プリーツはウエストで細く、裾に向かって広がるデザイン。ウエストはドローストリングで自由に調節できるので、腰ばきでもヒップハングでも着用できます」。

letter

»GENIFFER ラグラントップ

»GENEVA ワイドレッグトラウザー

「新型のセットアップはアッシュブルーが新鮮。スウェットトップスは、太めの大胆なラグランスリーブとスリムなフロントで、すっきりとした印象です。背中のタックによる緩やかなカーブが特徴的。また、袖口にも大きなタックを入れることで、膨らみのある袖もタイトに、タックアップしやすく仕上がっています。同素材のパンツは、クリースラインの入った、脇線に縫い目のないワイドレッグ。ウエストベルトがフラットな構造なので、肉厚な生地でも腰まわりがすっきりとしています」。

letter

»GWYNETH ピーコート

「“コグ”のアイコンであるワイドボディ+小さな袖のデザインに、ピーコートが仲間入り。大きめの襟と深い打ち合わせは襟元までボタンを留めることができます。袖口にはしっかりとしたリブが付いておりとても暖かく、前後身頃の分量・丈の違い、袖のタックから生まれる独特な横姿のシルエットをそのまま生かしています。着丈が短めなので気軽に着られて、どんなアイテムともコーディネートしやすいですよ。エル・ショップの予約会でも一番人気!」

letter

»GABBY ピーコート

「重くて窮屈なイメージのピーコートを気負いなく軽やかな印象にアレンジ。端の裁ち切りが全体の軽やかさのポイントに。美しい光沢と、上質なウールの風合いが見た目にもラグジュアリーなジャージ素材を使用しています」。

letter

»GEORGIA トレンチコート

»ELLY トラウザー

「ワイドシルエットのダブルトレンチコートは、ボクシーな身頃と大きめの襟が特徴。ほどよい着丈なのでウエストにベルトが無くてもバランスが良く、より気軽に羽織れます。袖口のベルトで太い袖をギュッと絞って肘までたくし上げて着こなすのもおすすめ」。

letter

»GITTY フーテッドケープ

「一枚の布を巻きつけて着るイメージのポンチョ型コートは、前身頃はフードと一体化したパターン。着方によって、ショールカラーのようにも見える襟元が特徴です。脇に配したドットボタンを留めると袖のように変化。非常に軽く、下に着るものを選ばない便利でシンプルなつくりなので、シーンを問わず重宝しますよ」。

letter
letter

»EDITH 2wayジップパーカー

「ボリュームがある身頃と首まわりで立ち上がるフードのシルエットが特徴的なこのパーカーは、とにかく軽くて暖かいです。裾にはアジャスト可能なゴムが通っており、裾のシルエットを自由に調整できます。表側はベンガル猫柄のジャカードジャージー、裏側はブランケットのようなピュアウールのパイル地を使用。リバーシブルで着用できるので、コーディネートの幅が広がります」。

letter
letter

»ELIN 2wayコート

「こちらはノーカラータイプ。とても暖かく、軽くて日常的に着やすいコートです。背中にタックを入れ、立体感のあるシルエットに仕上げました」。

letter

»ELIZABETH ペンタゴンコート

「直線的なボディに細くて小さな袖のパターンのコート。素材はジャージをベースに、ツイード風のプリントを施した新感覚のフリースです。五角形の直線的なボディは、着用するとやや裾がすぼまるシルエット。裏地無しなのできっちりとした見た目の割にとても軽く、気軽に羽織れます。今シーズンのバイヤーいち押しアイテム!」

letter

»ANNA ルーズハイ-ネックトップ

「コートのインにはオーバーサイズの身頃に、ややタイトな袖がすっきりと見せてくれる定番のハイネックトップスを着用しています」。

letter

»ELIZABETH ペンタゴンコート

»ELIZABETH ペンタゴンコートの着用動画

※Youtubeに遷移します。

「今シーズンは商品ページに動画も入れているので、チェックしてくださいね」。
ここからは、今シーズン、エル・ショップスタッフが押さえたアイテムをピックアップ! 玄人がえらぶ「コグ ザ ビッグスモーク」のお気に入りアイテムもどうぞご参考に。

letter
letter

»ELLY トラウザー

「実は去年も同じものを購入したのですが、1本目ははきつぶしてしまったため、2本目をキープ。シルエットがきれいで、脚も細く見えるのでお気に入りです! 今シーズンは素材が割れにくい生地に改良されたこともあり、即決でした(Ayumi)」。

letter
letter

»GLORIA パフスリートップ

letter

»GENIFFER ラグラントップ

「この秋冬は新型のトップスを2型キープ。カジュアルながらフェミニン見えするパフスリーブのアイテムと、背中と袖のタックがポイントの一着。“コグ”のデザインは体が入ると膨らみやカーブで華奢見えするのがお気に入りのポイント!(Yuka)」。

letter
letter

»GRETA スウェットシャツ

letter

»GLORIA パフスリートップ

「私もトップスを2型キープしました! カジュアルになりすぎない絶妙な色味のスウェットシャツは、ワイドな身頃にすっきりとした袖のバランスが、ありそうでなかった計算されたシルエットです。パフスリーブトップスは甘すぎない、ほどよいモード感のあるデザインにひと目ぼれ。袖口と裾部分がゴム仕様でアレンジしやすく、裾のストッパーで着丈を調整できるのも魅力です(maki)。

»素材別に解説もチェック!

この記事は2022.9.1配信のメールマガジン【LETTER from ELLE SHOP】に掲載されました。

こちらの記事はお楽しみいただけましたか?エル・ショップ メールでは、エル エディターやバイヤーがそのときオススメしたいブランドやアイテムをフィーチャー。メールマガジンでしか読めないストーリーをいち早くお届けしています。そのほか、新着コンテンツのご紹介やシークレットセールへのご招待も♪

登録も解除もカンタン!
まずはエル・ショップ メールにご登録を★

メールマガジンのご登録はこちら

© 2022 HEARST FUJINGAHO All rights reserved.