おしゃれにきまるアウター決定版。

この記事は2021.11.16配信のメールマガジン【LETTER from ELLE SHOP】に掲載されました。

メールマガジンのご登録はこちら
ELLE SHOP

ELLE SHOP MAIL

2021.11.16

Letter from ELLE SHOP

上質素材、こなれ感、スタイルアップ効果etc.今年もこだわりコートが勢揃い!バイヤー厳選コートをチェック

By エル・ショップ バイヤー

日に日に寒さが深まってきて、そろそろ本格的に冬が到来。暖かいコートの出番です。冬のおしゃれを大きく左右するコートは、しっかり吟味して選びたいもの。エル・ショップでは昨年に続き人気のロング丈から、今年はよりカジュアルなスタイルに取り入れやすいショート&ミドル丈までバリエーション豊富に取り揃えています。軽くて温かいダウンもやっぱり寒い冬の強い味方! 今回は特におすすめのコートをバイヤーがご紹介。あなたのお気に入りが見つかりますように。

letter

»「マディソンブルー」ウールビーバービッグピーコート(アイボリー)

letter

»「マディソンブルー」ウールビーバービッグピーコート(ネイビー)

★TOMOYUKI
「「マディソンブルー」で高い人気を誇る一枚仕立ての接結メルトン生地。ビーバー加工を施したこの素材は柔らかな肌触りが特徴で、毎シーズン多くのファンに愛されています。なかでも、ここ数年特に人気を集めているのが、この上質素材を使用した“ビッグP”。素材に軽さがあるので、ビッグシルエットでも快適に着用でき、大人の雰囲気が楽しめます。さっと羽織るだけでこなれ感満点のスタイルに!」

letter
letter

»「ヘルノ」ウールナイロン切り替えダウンコート(クリーム+クリーム)

letter

»「ヘルノ」ウールナイロン切り替えダウンコート(ブラック+ブラック)

letter

»「ヘルノ」ウールナイロン切り替えダウンコート(ライトグレー+ライトグレー)

「「ヘルノ」からは、ロングセラーを続けている切り替えのハイブリッドコートをおすすめします。こだわりの素材を使用しており、機能性とエレガントさを融合させた人気モデル。軽量ナイロンダウンをトップ部分に使用して軽さと暖かさを実現しながら、ダウンが出にくい加工と撥水加工も施しています。ウエスト下にはウールナイロンのメルトン生地を採用。ウールならではの暖かみや肌触りに加え、耐久性にも優れた高級感のある素材です。ダウンなのにカジュアルになり過ぎず、上品に着こなせますよ」。

letter

»「ハーヴェル スタジオ」ブレンドリバーコート(オパールミント)

letter

»「ハーヴェル スタジオ」ブレンドリバーコート(トープ)

★HARUMI
「ローゲージのニットの上に羽織るコートって悩みませんか? そこでおすすめしたいのが「ハーヴェル スタジオ」のこの一着。アームが太めで厚手のニットでも袖を通しやすく、ジャケット感覚で羽織ることができるライトウェイトなリバーコートです。前後に差寸をつけたバランスを取りやすいショート丈ながら、後はヒップまで隠れるところも秀逸。マキシ丈のボトムスと相性が抜群によく、スタイルアップ効果もありです!」

letter

»「イレーヴ」ウールダブルツイルダッフルコート(ブラック)

letter

»「イレーヴ」ウールダブルツイルダッフルコート(グレー)

「今シーズンはトラッドなアイテムに魅かれていて、久しぶりにダッフルコートにトライしたい気分。そんな私が注目したのが、「イレーヴ」のこの一着。タイムレスなアイテムであるからこそ、細部へのこだわりが感じられ、ダッフルらしい硬派なイメージはそのままに、ほどよくリラックスしたシルエットにブランドらしさを感じます」。

letter
letter

»「ウールリッチ」SIPSEY 3IN1 ANORAK

★YUKA
「「ウールリッチ」の中でも一番人気といっても過言ではない“ANORAK”。個人的にも愛用していておすすめなのですが、今シーズンはインナーダウンがセットになった3WAYタイプにぜひご注目を! 真夏以外はシーズン問わず使えます。ドルマンスリーブのケープ型アウターは、ゆったりフィットでレイヤードも可能。インナーダウンはノーカラーでコンパクトフィットなのでお手持ちのアウターに重ねてもOKです。カジュアルアウターながら、ゴールドのパーツがほどよい高級感を演出。防風性、撥水性のあるポリエステル生地を使用しているので、天気が崩れそうな日も安心です」。

letter

»「ウールリッチ」ELLIS COAT

「防風性と撥水性を備えた超軽量マイクロファイバーを使用したこちらのロングダウンコートも見逃せません。ショールカラーにジップではなく、スナップボタンを採用することでカジュアルさを抑え、上品な印象に。ロング丈ながら500g以下の驚くほど軽い着心地も魅力です。無駄のないすっきりとしたシルエットとマットな生地は、どんなコーディネートにもマッチ。一着あるとワードローブで大活躍しますよ」。

letter

»「スタニングルアー」リバーコート(ライトグリーン)

letter

»「スタニングルアー」リバーコート(グレーベージュ)

★YUICHI
「私がご紹介するのは、どんな骨格の方にもなじむシルエットの美しさと、トレンドに左右されないデザインで長年愛される「スタニングルアー」の定番コート。厚手のニットやインナーダウンを入れても着膨れ感がなく、ノンストレスで体の縦のラインをきれいに見せてくれます。今季はマットな風合いのメルトン生地を使用。カラーも、女性らしくもハンサムな雰囲気が楽しめるライナップで展開しています」。

letter

»「スタニングルアー」リバーラップコート

「このリバーラップコートは、なめらかな肌触りでツヤのある高級生地を贅沢に使用。同素材で作られた大判のストールを一緒に巻くことで、他とは一線を画した着こなしになり、気品や知性を引き立てます。取り外し可能なストールは、ニットの上にラフに巻くだけでもこなれた印象に。ボタンレス・シームポケットといったディテールにもこだわり、無駄のないデザインで素材の良さを存分に生かしています」。

letter

»「アドーア」【ELLE SHOP限定】ライトボンディングジャケット

★TAKASHI
「こちらは、ボンディング素材ならではのハリ感のあるフォルムが遊び心をプラスするフーディコート。ポンチョやマントのようなゆったりとしたオーバーサイズシルエットで、さっと羽織りやすいのがポイントです。下に着るものを選ばないのも◎。昨年すぐに完売してしまい、再入荷リクエストが多数ついていたものを、エル・ショップ限定商品として復活させました」。

letter

»「カオス」スーペリアガロン ロングダブルコート

「「カオス」の秋冬の注目アウターといえば、なんといってもスーペリア素材のコート! 生地自体毎年ブラッシュアップしており、今年は新デザインのロングダブルコートとして展開。ハリとコシのあるメルトン素材の生地を、ミニマルなデザインでスタイリッシュに昇華しています。同素材のトップスとスカートを合わせた3ピースのセットアップルックが、モード感があっておすすめですよ」。

letter

»「ガリャルダガランテ」【大草直子さんコラボ】クラシックロングチェスターコート

「スタイリスト大草 直子さんと「ガリャルダガランテ」の大人気コラボコレクション。この秋冬はクラシックな雰囲気漂う、Iラインの美しいチェスターコートを展開しています。ゆとりのあるオーバーシルエットは、体のラインをカバーする絶妙なサイズ感。デニムと合わせた大人カジュアルから出勤スタイルにまで活躍しますよ」。

letter

»「ステラ マッカートニー」Karina コート(キャメル)

letter

»「ステラ マッカートニー」Karina コート(ゲッソー)

★ASAMI
「「ステラ マッカートニー」の中でも長年のベストセラーで、ブランドを代表するアイコニックな一着ともいえる“Karina”。ジャケット感覚で羽織れるダブルのショート丈で、大きめのラペルとやや下位置に付いたボタンが特徴的なデザインです。アームは細めなので、厚手のニットなどには向かないのですが、着ると一枚でサマになるところはさすが! 素材にはトレーサブルウールを使用しており、環境への配慮も。エル・ショップでは、どんな装いにも合わせやすいベーシックな3色を展開しています。トレンドを問わず、長く愛用したいですね」。

合わせてチェック!

»冬本番! 今年狙うべき本命コート選びの新基準

この記事は2021.11.16配信のメールマガジン【LETTER from ELLE SHOP】に掲載されました。

こちらの記事はお楽しみいただけましたか?エル・ショップ メールでは、エル エディターやバイヤーがそのときオススメしたいブランドやアイテムをフィーチャー。メールマガジンでしか読めないストーリーをいち早くお届けしています。そのほか、新着コンテンツのご紹介やシークレットセールへのご招待も♪

登録も解除もカンタン!
まずはエル・ショップ メールにご登録を★

メールマガジンのご登録はこちら

© 2021 HEARST FUJINGAHO All rights reserved.