PAGE TOP

FT CART

ファッション通販【ELLE SHOP】 エル・ショップ

Sayaさんがアドバイス! 開運アイテムで新しい1年もハッピーに

世界的なパンデミックとも付き合い方が見えてくるなか、新しい世界への期待や自由な精神が高まるという2022年。エルでもおなじみのSayaさんに、ラッキーアイテムを教えていただきました。2021年同様、現実化とルールの星・土星がみずがめ座に滞在する今年は、ジェンダーフリーの意識がさらに当たり前になるとともに、ユニセックスなベーシックアイテムがワードローブの基本に。ただ、拡大と保護の星・木星がエレメントを水→火→水と移動するため、人々の心理も期待と不安が交錯しそう。モードでも、フェミニンとマスキュリンが混在することに。

Bright Colors

5月11日から10月28日まで、拡大と保護の星・木星が火のエレメントのおひつじ座に入ると、赤やブルーなどの原色、オレンジ、イエローなどのブライトカラーが好まれます。目を引く鮮やかな色を身につけることで、火のエレメントの大胆さ、明るさ、ワクワク感が取り込めるはずです。人生を楽しみ、やりたいことに向かうストレートな気持ちも思い出せそう。

Pastel Colors

2021年12月29日から5月11日まで、10月28日から12月20日までは、木星が水のエレメントのうお座に滞在。うお座を象徴する海のようなブルー、愛を連想させるピンクが人気に。ただ、2022年は8月20日から年内いっぱい、行動や戦いの星・火星が風のエレメントのふたご座に長くステイするので、パステルトーンが好まれそう。愛や癒しが欲しい人におすすすめです。

Sophisticated Details

風のエレメント・みずがめ座には2022年も現実化とルールの星・土星が滞在。みずがめ座は合理的な星座でもあり、ワードローブは少数精鋭に絞られ、ユニセックスでシンプルな定番アイテムが好まれる傾向は変わらないはずです。ただ、小さなこだわりで差をつけたくなるのも2022年。素材やデザインのディテールを見極めて。知的に見せたいときに効果的です。

Outdoor Adventure

拡大と保護の星・木星は10月28日にいったんうお座に戻るとはいえ、12月20日にはおひつじ座に入り直すことから、秋冬のモードシーンでは火のエレメントならではの大胆さが目立つように。また、おひつじ座には、プリミティブな砂漠で冒険に出かけるような力強さがあります。自由な精神を感じさせるアウトドアアイテムやサファリスタイルが、前に進む力をくれるはずです。

Saya

アストロロジー・ライター

1971年、東京生まれの文筆業。編集者として仕事をしていた1999年の月食の晩、「月の星座」を知り、占星術の世界に魅了される。独学を中心に勉強を続け、2008年の立春に、「エル・デジタル」で連載をスタート。現在も、1日と15日更新の「Sayaの星占い」、新月と満月更新の「星よみジャーナル」を連載。著書に『星を味方につける生き方、暮らし方~不安な時代に翻弄されずに私を生きる~』(集英社)、『星の道を歩き、白魔女になるまで~わたしの「物語」を見つけると人は癒される』(説話社)、『「みずがめ座時代」の太陽的生き方 過去の扉を閉じて、“私”をバージョンアップする方法』(大和出版)ほか。http://sayanote.com

© 2022 HEARST FUJINGAHO All Rights Reserved.