PAGE TOP

FT CART

ファッション通販【ELLE SHOP】 エル・ショップ

EDITOR'S CLOSET

2018.07.17 UP

大人の力まないオーバーオールスタイルとは?

いきなりですが、パフィー世代です。小さいころ、あのゆるい歌詞やメロディーの世界観、ダボダボなつなぎを始めとした脱力系アメカジファッション、傷むこと間違いなしのソバージュヘアに憧れていました。PVでは基本デニムですが、ライブではつなぎやオーバーオールをボーイッシュに着こなすことが多かった気がします。
そんな昔の潜在意識からか、大人になった今でもオーバーオールに目がありません。特に旅行やアウトドアのときは本当にラク。ただ、カジュアルになりすぎちゃったり、子どもっぽく見えちゃったり、コーディネートにいつも悩みがち。で、それに対する答えがでたわけではないのですが、バッグや靴はレザーだったり、ヒールだったり、フェミニンなものを選んでみました。このオーバーオール自体も上質なリネン素材で、涼しいし、独特の光沢感がスタイルを上品に見せてくれます。
パフィーの曲は一聴するとすごくゆるいですが、プロデューサーの奥田民生氏は12時間ほどのぶっ通しのレコーディング指導をしていたらしく、抑揚の付けかたや発声など、かなり厳しかったといううわさを聞きます。あの“力まないゆるかっこよさ”の裏には、見せない努力と計算があるわけです。きっとファッションもしかり。そんな人間力がにじみ出るオーバーオールスタイルが私もいつかできるようになりますように……。

MINAKOのプロフィール

エル コンテンツ部 アシスタントエディター
身長が低くメリハリのない幼児体型のため、サイズ感があうアイテム探しにいつも一苦労。日々のファッションテーマはバンドマンの彼女風スタイル。アイコンはピート・ドハーティと交際してた頃のケイト・モス。私生活でも結構なバンギャでライブハウス通いをよくしている。決して上手くないけど、趣味はカラオケ。

■身長156cm ■足のサイズ22.5cm

© 2019 HEARST FUJINGAHO All Rights Reserved.