PAGE TOP

FT CART

ファッション通販【ELLE SHOP】 エル・ショップ
  • ELLE SHOP HOME>
  • BRAND NEWS>
  • 「フランク&アイリーン」がサステナブル認証“B Corp”を取得しました!

「フランク&アイリーン」がサステナブル認証“B Corp”を取得しました!

「フランク&アイリーン」が取得した“B Corp”とは、アメリカの非営利団体“B Lab”が営利企業を対象に認証する制度。独自に設定された厳しいサステナブル評価基準を満たしている企業のみが取得できる認証です。“B Corp”認定を受けた企業は、従業員や消費者、株主、地域社会、環境といったすべてに対してサステナブルに利益を生むビジネス活動を行っています。今回は認証取得を受け、あらためて「フランク&アイリーン」のブランドとしての取り組みをじっくりご紹介します! 大切な自身をつつむ洋服だからこそ、身に着けるブランドが大切にするサステナブルマインドを一緒に感じていただければ嬉しいです。

「フランク&アイリーン」は、元エンジニアのオードリー・マクローリンが2009年にカリフォルニアで立ち上げました。メンズマーケットで主にフォーカスされていたボタンアップシャツを女性向けに再発明したのがブランドの始まりです。エシカル&サステナブルなイタリアの老舗生地メーカーとのパートナーシップを大切に、シャツからはじまったもの作りは、ゆっくりと着実に成長してきました。世界的に認められたファッションブランドへと成長した今でも、変わらず100%の所有権を自社で保持し、女性が営む女性主導の企業です。「フランク&アイリーン」の使命は、天気のよいカリフォルニアにあるファミリーフレンドリーな本社から、女性の起業家精神をプラスの力としてモデル化し、支援することです。

【ブランドが大切にする5つのもの】
“WOMAN-OWNED, WOMEN-LED, MOTHER-APPROVED”…女性がリーダーシップチームを持つ会社として、若い母親たちをサポートするために、仕事をしながら赤ちゃんと時間を過ごせる等身大のドールハウスを本社オフィスに設置。仕事と生活とが互いの対立を防げるようにしています。

“SUSTAINABLE FROM THE START”…ブランド設立当初からエシカルでサステナブルなメーカーと提携。自然界に存在する高品質な原材料のみを使用することで製品を作り上げてきました。環境への切実さを持ってワードローブを作り、ビジネスとすることを信条としています。

“THE 100 CLUB”…自身たちが正しいと思う公正な労働環境や社会への配慮を行えるよう、ベンチャーキャピタルからの資金調達を選ばずに、一貫して自社の所有権を100%持ち続けています。外部に影響を受けず、従業員、カスタマー、地域社会、環境にのみ利益を還元し、答えていくことを大切にしています。

“B CORP”…“B Corp”認定を受けたことは「フランク&アイリーン」にとって誇りです。よい会社として世界的に認められたアメリカのアパレル企業の中での評価は「パタゴニア」に次ぐものであり、女性が所有するアメリカのファッションブランドの中では最高のスコアを獲得しました。

“OUR GIVING PLEDGE”…「フランク&アイリーン」は女性が世界を変えていると信じています。明日の女性リーダーたちを育成するために、今後10年間で1,000万ドルの寄付を約束します。第一弾としてノーベル平和賞受賞者であるマララ・ユスフザイ氏が主宰するマララ基金に寄付を行いました。

ブランド発足当初からサステナブルであることを掲げていくため、オードリーが世界最高のテキスタイルおよび生産パートナーとして選んだのがイタリアの老舗生地メーカー・アルビニ社です。アルビニ社で生産するすべての生地は原産地までさかのぼることができ、有害な化学物質がないことでエコテックス(R)スタンダード100のグローバル認証も満たしています。現在の「フランク&アイリーン」のラインナップの中で“VOILE”、“ORGANIC VOILE”、“LIVED IN LINEN”以外の生地は、すべてアルビニ社の生地を使用しています。また2016年にカットソーコレクション“teelab/ティーラブ”を発表するときは、あえて地元ロサンゼルスを拠点とする職人と提携することを選びました。天気のよいカリフォルニアは世界で最も優れたニットウェアを生産しているからです。“teelab”はすべてロサンゼルスで編まれ、縫われ、洗われ、染色されています。雇用機会を作り、生産パートナーにも“B Corp”が承認した公正な労働条件を求めています。

© 2022 HEARST FUJINGAHO All Rights Reserved.