PAGE TOP

FT CART

ファッション通販【ELLE SHOP】 エル・ショップ
HOUSE OF LOTUS ハウス オブ ロータス 2022.11.18

7DAYS OUTER STYLE!

「ハウス オブ ロータス」がお届けする“2022 Outer Collection”。PR担当 ERINAとEC担当 SHIYOKOがアウターを主役に、日常に溶け込む1週間の着まわしスタイリングをご提案します。

【Sunday】SHIYOKO(170cm/着用サイズM)

ウールリバーショートコート
HOUSE OF LOTUS ウールリバーショートコート ¥71,500 ¥35,750 50%OFF

撮影用の花材選びを兼ねた休日は、花が映える明るい色のコートを纏って。このミントグリーンはホワイトに一滴グリーンを垂らしたような絶妙カラーでお気に入り。グリーンをリンクさせたニット&スカートで同系色のコントラストをめいっぱい楽しんだカラーコーデにチャレンジ。

【Monday】SHIYOKO(170cm/着用サイズM) 

タフタショールカラーパディングコート
HOUSE OF LOTUS タフタショールカラーパディングコート ¥64,900 ¥25,960 60%OFF

動きやすさも大切なスタジオ撮影の日は、羽織るだけでさまになる中綿入りコートがぴったり。スポーティーになりがちなダウンだけれど、サイズ感、肩のドロップライン、着丈など細部にまで「ハウス オブ ロータス」のこだわりが詰まって着ぶくれしないすっきりとしたシルエットに。マットな質感で、モードに着こなせるのも◎。インナーに合わせたブラックニットのワントーンセットアップは動きやすくて暖かく、しかも簡単にこなれ感が出せるので時間のない朝におすすめ!

【Tuesday】ERINA(166cm/着用サイズM)

ウールリバーポンチョコート
HOUSE OF LOTUS ウールリバーポンチョコート ¥93,500 ¥46,750 50%OFF

ラフな雰囲気で野外イベントの打合せへ。旬の色を取り入れるなら、軽くて柔らかなダブルフェイス素材を贅沢に使用したポンチョ風コートが一押し。大きなフードにも注目! 深めのサイドスリットは脚さばきもよく、抜け感もオン。ビタミンカラーの服の力を味方につければ仕事もスムーズに。

【Wednesday】ERINA(166cm/着用サイズM)

【高山都 Special Collaboration】タフタトレンチコート
HOUSE OF LOTUS 【高山都 Special Collaboration】タフタトレンチコート ¥77,000

今週もあと半分! 仲良しスタイリストさんとくつろぎテラスランチへ。とにかく軽く、撥水性・透湿性を備えた大人トレンチは、ややスポーティな中にもトラディショナルなディテールを詰め込んだ頼れる相棒。ロング丈でカジュアルにもエレガントにも着回せ、きちんと感をプラスしてくれるのでフレンチレストランでもしっくりハマる。

【Thursday】ERINA(166cm/着用サイズM)

ロービングツイードノーカラージャケット
HOUSE OF LOTUS ロービングツイードノーカラージャケット ¥64,900 ¥38,940 40%OFF

荷物の多い出張にはボタンレスでさらりと羽織れるジャコットタイプがマイ定番。ツイードのきちんと感は残しつつ、フリンジ状にほどいたエッジがラフな印象に。ほどよく力の抜けたオーバーサイズシルエットなので、飛行機や新幹線での移動にもおすすめ。シャンブレーカラーをアクセントにインナーのモヘアニットと色を合わせ、フェイクレザーパンツで素材のコントラストを楽しんだお気に入りスタイル。

【Friday】SHIYOKO(170cm/着用サイズM)

ツインセットチェスターコート
HOUSE OF LOTUS ツインセットチェスターコート ¥110,000 ¥44,000 60%OFF

インスピレーションを高めに街へ。変形スリーブで前はドルマン、後ろはラグランという前後の見え方が異なる、さりげないおしゃれさにこだわったコート。単品でも使えるロングジレがセットされているのでアレンジ自在。屋内や暖かい日中はジレスタイルが気分。ハンサムな表情のストライプシャツワンピースでマニッシュにまとめて。

【Saturday】ERINA(166cm/着用サイズM)

ロングモッズコート
HOUSE OF LOTUS ロングモッズコート ¥88,000

お休みの朝のリラックスタイムは、柔らかな風合いと品のある光沢が特徴のナイロン×コットン(Olmetex Cotton Nylon)交織高密ギャバジンのモッズコートがお決まり。取り外し可能なボリュームフード、ゴールドのボタンがアクセントになった着回しやすいロング丈。ボアジレやライトダウンなど、インナーで変化をつければ真冬の出番も多くなりそうな予感。アウトドアシーンでもシックに決まって注目を集めること間違いなし!

RECENT POST 新着記事

© 2023 HEARST FUJINGAHO All Rights Reserved.