PAGE TOP

FT CART

ファッション通販【ELLE SHOP】 エル・ショップ
1er Arrondissement プルミエ アロンディスモン 2022.05.21

NAOKO OKUSA 「MAKE YOUR SUMMER COLOR vol.2」公開

vol.2 肌になじむ「アースカラー」を華やかに着る方法

ファッションエディターであり、スタイリストである大草直子さんが「プルミエ アロンディスモン」のアイテムから着こなしを提案する特別企画。ややドライな自然の色は肌によくなじみ、まさに夏を象徴する色。大草さんはどう着こなすのか?

4つのコーディネートを提案いただきました。

テンセルリネンスキッパーロングワンピース
1er Arrondissement テンセルリネンスキッパーロングワンピース ¥35,200

甘いデザイン、辛口な色、素材のエレガントさ。大人のおしゃれに大切な要素がすべて集約された贅沢なワンピース。どれかひとつが突出することもなく、バランスよく纏えます。リネンを混紡した上品な光沢のあるサテン素材は肌触りもよく、分量感もあって、風が抜けるので真夏でも涼しい一枚。
襟元がスキッパーになっていて、肌見せのバランスも絶妙。カーキを始め、アースカラーは肌なじみがいい一方で、ともするとぼけてしまうことも。このワンピースのように覆いすぎず、バランスよく素肌が出るデザインを選ぶと、夏のアースカラーにメリハリがつきます。

リネン混シャツ
1er Arrondissement リネン混シャツ ¥20,900

グリーンに少しグレーを混ぜたような色合いが美しいテンセルリネンのセットアップ。サファリテイストなブラウスとパンツですが、とろみのある素材、比翼ボタン、フレンチスリーブといったディテールのおかげで、マスキュリンになりすぎません。ノースリーブですが、肩を上手に隠してくれるデザインもいいですし、風がぬけるほどよいゆとりも着ていて心地いい。着ていても、見た目にも涼しげなので、真夏でも快適です。
小物次第ではお仕事シーンや少しかしこまった場にも着て行けるし、ブラウスの裾をアウトして、足元にビーチサンダルを合わせればぐっとリラクシーに。幅広く着られるセットアップです。

ニットロングカーデガン
1er Arrondissement ニットロングカーデガン ¥24,200

ひとつひとつのアイテムの色も素材も何ともいえないニュアンスのあるものだけを重ねたコーディネート。じわっーと滲むように色を重ねたところに、小物でクリアな白を効かせると、曖昧だったアースカラーの輪郭がはっきりします。着こなしの要になっているロングカーディガンは夏の羽織として、合わせるアイテムを選ばない本当に使い勝手のいいアイテム。清涼感のあるリネン混素材で、さらっとした肌触りです。たっぷりとした袖と、長く取られた袖のリブのコントラストがシルエットに緩急をつけてくれるのと、シアーな素材感なのでロング丈でも重く見えません。

タイプライターカフタンロングブラウス
1er Arrondissement タイプライターカフタンロングブラウス ¥28,600

白のカフタンも合わせたカーキのボトムもロング&ワイド。ここまでボリューム感のある着こなしは私にとっては新鮮で、そしてとてもラグジュアリーになれるという発見がありました。カフタンの素材にとろみがあったり、合わせたボトムが細身だったら、ここまでの雰囲気を作ることはできなかったはず。
ぱりっとしたタイプライター素材のカフタンは動いているときもシルエットが美しく、遠目にも華やか。白の分量を多くすることで、コーディネイトの明度が上がり、カースカラーの色も際立ち、アースカラーだけでまとめるときとはまた違った表情を見せてくれました。

RECENT POST 新着記事

© 2022 HEARST FUJINGAHO All Rights Reserved.