祝「エル・ショップ」オープン! 「トリッペン」のシューズを履きくらべ♪

 

こんにちは! スタッフYUKIです。

 

つい先日、ドイツ発のシューズブランド「trippen(トリッペン)」が「エル・ショップ」にオープンしました!

みなさん、「トリッペン」というブランドをご存知ですか?

「トリッペン」は、1992年にドイツ・ベルリンで誕生したブランド。

人間工学に基づき履き心地のよさを追求したシューズは、とにかく長時間履いても疲れにくいのが魅力。

「朝は平気だったのに、履いているうちに足が痛くなってきて歩くのもツラい……」という経験、ありませんか?

「トリッペン」は、そんなあなたにぴったりのブランドかもしれません!

 

そんな“履き心地のよさ”をお伝えするべく、「トリッペン」のシューズを履きくらべてみました! 

今回は、メンズサイズの展開もあるので男性スタッフからのコメントも。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

【UP】画像1

まずはこちらのショートブーツから。

ほどよいフィット感で歩きやすく、トウ部分が広いため「足先がラク!」との声が。

シャフト部分がややタイトに作られているので脚を細く見せてくれるうえに、ジッパー付きだから着脱もラクラク♪ 

 

【UP】画像2

このように折り返して履けば、また違った表情が楽しめますよ。履いていくうちに脚になじみ、経年変化を楽しめるやや硬めのレザーも◎。

 

 

お次はシンプルなショートブーツ。

【UP】画像3

履き口まわりが広く&やわらかく、ジッパーもあって着脱のしやすさも◎。

(ふと入ったお店がお座敷だったりすると、ブーツの着脱のラクさって、とても重要ですよね……)

 

【UP】画像3-2ボアとソール2

さらに、シャフト裏部分にはボアがあしらわれているという、これから迎える秋冬シーズンにはうれしいデザイン(画像左)。肌触り抜群のモコモコのボアのおかげで、防寒対策もぬかりなし♪ “Bloc”と呼ばれる細かくセグメントされたデザインのソール(画像右)には、歩行運動を補助する効果も。街歩きやお散歩には最適ですね!

*着用女性スタッフのデータ

【甲幅】ふつう【甲の高さ】普通【足のサイズ】 23.5㎝【トリッペンのジャストサイズ】36【足首のサイズ】細め

*着用サイズはいずれも36サイズです。

 

 

さて、お待ちかね(?)のメンズサイズをご紹介いたします!

【UP】画像4

落ち着いた色味とシンプルなデザインが、カジュアルながらも上品な印象の一足

実際に履いた男性スタッフによると、「甲幅、つま先、履き口、どれも広めで、かつフィット感があり履きやすくて歩きやすい」と絶賛の様子。「ほどよい素材の硬さと重みがあり、安定感のある履き心地もよい!」とのこと。

甲幅は若干狭め、甲の高さ低め、普段履くサイズは27.5cmの男性スタッフ、このブーツは42サイズがジャストでした。

【UP】画像4-2商品とソール

また、このブーツには“Trippen”と呼ばれるブランド名を冠したソールを採用しており、背骨や背中をサポートするように設計されているそう。たくさん歩く機会には、まさにうってつけ!

 

 

最後にご紹介するのはこちらのメンズブーツです!

【UP】画像5

 足元にアクセントを効かせるクシュッとしたルックスが特徴的。「履き口が広いため、ブーツなのに着脱がラク!」というのが最大のポイントだそう。

【UP】画像6

やや細めの甲幅でホールド感がありながらも、広めに作られたトウで足先がラクなのだとか。履き口は折り返すこともできるので(写真右)、印象の異なる着こなしを楽しめそうです♪ 

【UP】画像6-2商品とソール

こちらのブーツに採用された“Katmandu”ソールは、表面の細かな凹凸によりグリップ力が高く、ウインタースタイルにぴったり。

*こちらも同じ男性スタッフが着用しています。着用サイズは42サイズです。

 

さて、「トリッペン」のシューズはいかがでしたか?

レディース、メンズとも取り揃えているので、パートナーとお揃いのコーディネートを楽しむのもおすすめです♪

街歩きに旅行にと、アクティブに動きたくなるシーズン、大活躍する一足を見つけてくださいね。

>>「トリッペン」すべてのシューズをここからチェック!