バイヤー絶賛! 東京ブランドのおすすめアイテムをチェックして

こんにちは。バイヤーのTOMOYUKIです。東京ブランドの予約会はもうご覧になりましたか? 今回はなんと、10ブランドの新作を一挙公開するエル・ショップ史上最強のラインアップです! ぜひチェックしてみてくださいね。今日のブログでは、数あるアイテムの中で、私たちが特におすすめするものをピックアップしました。デザイナーの想いのこもった素晴らしいコレクションをじっくりとご堪能ください。

 

AKIRANAKA

アンクルストラップサンダル
サムリングトングサンダル
昨年世界デビューを果たし、着実にステージを上げている「アキラナカ」。展示会に行くたびにシューズの展開を考えていると聞いていましたが、今シーズン、ついにシューズラインがデビューしました。コレクションは、ドイツの整形外科的技術の考えに基づいた靴作り「オーソペディ」を習得した職人と組んだというから驚きます。デザインだけではなく、履きやすさを兼ね備えた木型を作成していて、その本気度に脱帽しました。
「エル・ショップ」では2型をセレクト。コンフォート、品格、モダンをキーワードにしているだけあって、「アキラナカ」らしく、フェミニンさもあるのに凛とした大人の雰囲気に仕上がっています。今シーズンはお披露目ということもあって、お値段もかなり頑張っています。デビューコレクションというのは、デザイナーの想いがたくさんこもっているので、気になった方は手に入れておくのをおすすめします。これからヒット作が出てきたとしても、デビューのアイテムというのは永遠に語り継がれるものですから。

 

ELIN

シェルボストンバッグ
そして、今シーズンは「エリン」からもデビュー作が登場。初のバッグラインがお目見えしました。デザイナーの榎本氏に聞くと、コンセプトは「着るようにつける」と。バッグをもっとファションとして捉え、コーディネートのひとつとして、ジレやアクセサリーのようにもっと身近な感覚で使用できるようにデザインしたと語ってくれました。「エリン」のバッグは全て日本国内で生産され、完成度高く仕上げられています。逆台形の“シェルボストンバッグ”は貝をモチーフにしていますが、ガラス加工した革をこの形状に仕上げるのはレベルの高い縫製技術を要します。その綺麗な仕上がりに注目してみてください。

 

REKISAMI

レースコンビストライプワンピース(グレー)
レースコンビストライプワンピース(ブラック)
今シーズンも「レキサミ」ではドレスが豊作。パーティシーンから普段使いまで対応可能な万能ドレスが多数揃っています。今シーズンのいち押しは、Tドレスとキャンワンピースをレイヤードした技ありアイテム。モード感あるストライプ生地に得意のレースをあしらって、全体をフェミニンな印象に仕上げています。今までのドレスよりも、少しゆるさを出しているのが気分。Tドレスはコットンジャージー素材、キャミソールは軽やかなキュプラ生地なので、シーズンを通して着用することができます。それぞれ別々のアイテムとしても使用できるので、コーディネートの幅が広がるアイテムです。

 

YLEVE

【予約販売】コットン/リネンハイツイストツイルコート
春夏予約会に初登場した「イレーヴ」からは、新作のトレンチコートが登場しています。「イレーヴ」のトレンチは、昨年もすぐに完売した人気アイテム。今シーズンは90年代のゆったりしたトレンチコートをイメージして、トレンドのボリューム感で仕上げています。塩縮加工でハリ感を出した、ウエイトが軽いコットンリネン生地を使用していて、ベルトを締めるとブラウジングが際立ちます。まさに女優コートとも言える存在感。大人の女性に着ていただきたいアイテムです。

 

CINOH

リネンノーカラーコート
いつも今年のトレンドを聞かれることが多いのですが、今シーズンは“リネン素材”に注目してみてください。ここ数年、天然繊維に注目するブランドが増えていますが、今年はさまざまなブランドからリネンのアイテムが展開されています。

「チノ」では、定番のノーカラーコートをリネン素材で展開。硫化染めにバイオ加工をすることでヴィンテージのような風合いに仕上げています。身頃はゆったりと幅を持たせ、袖はジャケットのような振りをつけて、「チノ」らしいシャープなデザインに。襟から前立てにパイピングを施しているので、縦見え効果もあります。2段に並んだポケットは上側にベルトをインできるので使い勝手も◎。カーゴスカート
「チノ」では、シーズンテーマの“ミリタリー”を落とし込んだカーゴスカートが気になりました。高密度のコットンウェザークロスに樹脂加工を施して、ハリコシがありながらも滑らかなタッチに仕上げています。タック使いやポケットなどミリタリーウェアのディテールを加えていますが、タウンユースできるようにクリーンな印象に仕上げるあたりはさすがです。昨年、東京ファッションアワードを受賞した勢いを感じます。

 

muller of yoshiokubo

ワイドパンツサロペット
「ミュラー オブ ヨシオクボ」からは、毎シーズン人気のサロペットの新作が登場しています。ミュラーのサロペットは、胸下から高めのウエストで設定されているので、足元にかけてのシルエットが美しく、足長効果があるのが人気の理由。深めに開けたVゾーンとウエストのギャザーがバックスタイルも美しく見せてくれます。トリアセ素材を使用していので、インにニットやTシャツを合わせることで、長いシーズン着用できるのもポイント。全体的にエレガントなディテールが盛り込まれているので、快適な着心地を実現しながらも大人の雰囲気も崩さず、きっと様々なシーンで活躍してくれると思います。

 

INSCRIRE

レースTシャツ
デビューから2年が経ち、コレクションに厚みが増してきた「アンスクリア」では、得意のカットソーアイテムが豊富に揃います。今シーズンのテーマ“エレガンス×ストリート”を表現したこのビッグサイズのVネックTシャツは、そのシルエットの美しさが特徴。エレガントなデザインながら、ちょっと抜けたユルさのある雰囲気は「アンスクリア」の真骨頂です! Vゾーンには豪華なイタリアンレースを背面まであしらい、袖裏をヘリンボーン仕様で仕上げています。バックルディテールもスポーティな雰囲気が加わっていいですね。クルーネックのインナーとのコーディネートもおすすめです。

 

Ujoh

リブタイトスカート
「ウジョー」からは隠れヒットアイテムをご紹介します。リブ素材を使用したタイトスカートは、2年前に登場してから継続展開されている定番モデル。強撚のコットンポリエステルのワイドリブ素材を使用しているので、生地がしっかりとしていて、キックバック性が強いのに、体のラインが出にくいのが特徴です。よく伸びるのでタイトシルエットなのに歩きやすいと評判です。ボタンをあけるとスリットになるので、レギンス合わせなど、様々なスタイリングができるのも嬉しいですね。

コットンベルトキャップ
そして、キャップも最近の隠れ人気商品! ワイドチノクロスを使用していて、カジュアル素材ながら上品なイメージでデザインされていて、どんなコーディネートでも使用できます。後ろベルトがレザー調で配色になっているのもポイントです。ちなみに、デザイナーの西崎氏も最近の展示会ではよくキャップを被っていますよ。

>>「ウジョー」スタッフの着こなしもチェック

 

Rito

2WAYレースギャザースリーブタイブラウス
レースドローストリングスカート
「リト」と言えば、世界的な生地メーカーの生産背景から生み出される、専門性の高いオリジナル生地に注目。他にはない独創的な素材ながら、この価格で抑えているのは本当に凄いことだと感心します。今シーズンは、テクスチャーの重なりにフォーカスして、透け感やエアリー感を様々なデザインで表現しています。昨シーズン多数のリクエストをいただいたレースコンビのアイテムは今シーズンも登場。ヴィンテージ風のクラッシュ加工を施したシルクレーヨンのデシンに、フランスのリバーレースをあしらってデザイン。上質なラフ感、「リト」らしいモード感、プレイフルなバランス感覚はさすがです。

 

Scye/SCYE BASICS
【ELLE SHOP限定】リネン高密度タックシャツ
「サイ/サイベーシックス」からは嬉しいお知らせが2つ。多数のリクエストをいただいていた人気定番モデル“リネンタックブラウス”を復刻生産しました! デザイナーとエル・ショップで厳選して選んだ、トープともベージュとも言えない絶妙な“ナチュラルカラー”の生地。高密度に織り上げたヴィンテージ風味のあるリネン生地を国内の特別な工場で手間をかけて仕上げています。本当に上品なカラーに仕上がりました。タックプリーツは“ウェーブ タック”といって、波のような動きのある立体的な仕上がりが特徴で、1枚で着用してもその存在感は抜群。そして日常的に手入れのしやすいのがロングセラーの理由です。

>>詳しくはこちらからどうぞ

そして、全国の「サイ/サイベーシックス」ファンのみなさま、「サイ マーカンタイル」のポップアップショップはもうチェックしていただけましたか? 千駄ヶ谷店でしか見ることができなかったエクスクルーシブなアイテムを一挙公開中。すべてEC初登場なので、ぜひご覧くださいね!

>>「サイ マーカンタイル」のポップアップショップはこちら

 

>>エル・ショップ史上最強の東京ブランド予約会はこちら