バイヤーおすすめ! 東京ブランドいち押しアイテム

皆さま、こんにちは。バイヤーのTOMOYUKIです。
まだまだ暑い日が続きますが、エル・ショップでは、人気の東京ブランドの予約会を開催中です! 今日は私が展示会の時から注目していたおすすめのアイテムを、デザイナーさんの想いとともにご紹介します。

 

INSCRIRE
>> フェイクムートンライナーコート
トップバッターは「アンスクリア」。2018年秋冬は“ウエスタン×トラッドのミックススタイル”をテーマにコレクションを展開しています。「ドゥーズィエム クラス」や「ドゥロワー」で経験を積んだデザイナーだけあって、今シーズンも抜群のミックス感覚には脱帽です。展示会の時に多くのバイヤーがこぞって買い付けたアイテムが、このフェイクムートンのアウターです。ヴィンテージのミリタリーアウターのラインニングをモチーフにしていて、脇の穴もそこからデザインされています。フェイクムートン&合皮のコンビネーションは超クール! モードからカジュアルまで幅広いアイテムとコーディネートできるだけではなく、1着でおしゃれ度数がぐっとアップするアイテムですね。展示会1番人気なのも納得です。
>>アメリカンフットボールボディースーツ
そして見逃せないのが、 ヴィンテージのアメフトボディスーツを今っぽいデザインに仕上げたカットソーです。ボディスーツはいま沸々と人気が出てきているアイテムですが、どうしてもハードルが高いと感じている方も多いかもしれません。このアイテムはスポーティに仕上げているので、気軽に着用できるのがいいですね。タックインした時に裾が出てこないので、意外と着やすくて、おすすめですよ!

>>「アンスクリア」すべてのアイテムはこちら

 


REKISAMI
>>【Chika Kisada】バックチュール切り替えコート
「レキサミ」ファンの皆さま、大変お待たせしました。
以前から「レキサミらしいデザインのコートが欲しい!」というお声を多数いただいていました。皆さまからの熱いリクエスト、ちゃんとデザイナーさんに届けていますよ!
今シーズン、おすすめのアウターがラインアップされました。

1つめは「チカ キサダ」からチュールを使用したショートコートが登場。大胆なチュール使いから、元バレリーナのルーツを感じることができますね。ウールナイロンのしっかりとした生地の裾から繊細なチュールが覗いているのがとっても新鮮。重厚さと繊細さを併せ持つ「チカ キサダ」ならではのデザインです。コーディネート次第で、オン・オフ両方で使用できるので、見た目以上に便利なアイテムです。
>>キルティング切り替えロングコート
2つめはトレンドのキルティング素材を生かしたロングコートがお目見え。
ナイロン素材とキルティング素材を切り替え、ボリュームのあるAラインシルエットに仕上げています。キルティングというとどうしてもミリタリー感が出てしまいがちなのですが、カジュアルな中にもフェミニンさが宿るデザインは「レキサミ」の真骨頂ですね。軽さがあるので大活躍しそうです。

>>「レキサミ」すべてのアイテムはこちら

 


AEVES
>>マルチカラーツィードコート
「アエヴェス」からは、高級素材を使用したアウターをご紹介。素材は高級ですが、「このインポートファブリックを使って、よくこのお値段で!」 というアイテムです。それもそのはず、お値段のほとんどは生地代で消えていて、利益度外視のアイテムだそうです。そうですよね。これ普通のブランドだったら軽く2倍はしますもの。パリの香りのする本物のラグジュアリーを感じて欲しいとの熱い想いが込められたアイテムです。

人気のロングコートに使用されたツイード生地は、世界の名だたるメゾンご用達、イタリアの高級テキスタイルメーカー「FERLA(フェルラ)」のもの。アルパカ混のロービングヤーンなどをふんだんに使用したファンシーツイードは、その素材感だけでコーディネートの主役になる逸品です。
>> ファーフリージャケット

トレンドのエコファーも本物と見間違うほどのクオリティで仕上げられています。しかもイージーケアでご自宅で手洗いが可能なのも嬉しいですね! ジャケットだけではなく、コートタイプも展開しています。

>>「アエヴェス」すべてのアイテムはこちら

 


Rito>>コンビネーションシャツドレス
「アエヴェス」に負けず、コスパ最強ブランドの呼び声が高い「リト」は本日予約会がスタート。創業150年以上の世界的な生地メーカーを背景にもつため、コレクションの完成度に対して、圧倒的に安い価格は本当に魅力!! リュクスブランドが使用するものと同じ素材が原価で手に入るので、使用されている素材は本当にいいものなんです。

メインコレクションは、“Slow Tense(スローテンス)”がテーマ。
肩の力を抜き、デイリーで上質なリラックススタイルが表現されています。特殊なドビー織機で3柄のチェックを切り替えて1枚の生地を仕上げたシャツドレスは、構築的で緻密なパターンに、隙間を作ったり、大きくずらしたりすることで、リラックス感を表現。

>> ロングシャーリングシャツ
シャーリングシャツは、ヴィンテージの特殊加工でシュリンクさせたイタリア産のヴィスコースウールを使用しています。ウエスト部分のドローコードでギャザーの分量を自由に調節できるだけではなく、前後どちらでも着用可能な優れものです。マニッシュなアイテムは柔らかく、フェミニンなアイテムは少しだけハードに仕上げるコンセプトが効いていますね。

これ以外にも着心地の良い素材を使った、独創的でプレイフルなアイテムが多数展開されていますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

>>「リト」すべてのアイテムはこちら

 


Ujoh
>>【Bobsonコラボ】スタンドカラーデニムコート
最後は、ミラコレデビュー後、着実に成長を続けている「ウジョー」からピックアップ。
今シーズンもオリジナリティあふれるアイテムが盛りだくさんですが、その中でも「ボブソン」とのコラボデニムは見逃せません。実はデザイナーの西崎さんは今秋からボブソンのデザイナーライン「ウェア・ボブソン」のデザイナーも兼任しているのです! そんな繋がりから生まれたデニムコートは、ボブソンの生産背景と高い縫製技術を生かしたアイテムに仕上がっています。ドロップショルダーのゆったりシルエットながら、ウエストをベルトマークすることで、デニムコートとは思えない柔らかなフォルムが完成します。オレンジの糸が効いているのもポイントですね。ミラコレのランウェイでも高い評価を受けたピースです。


>>ベルテッドスクエアレースドレス
>>シングルコードストラップレーススカート
そして、展示会の時に一目惚れしたのが、ボタニカル柄をモチーフにしたラッセルレースシリーズです。ブラウン×ブラックの大人カラーのコントラストがとても素敵で、そこに「ウジョー」らしい“紐使い”でスポーティな要素を加えています。異なるテイストの融合が見事なアイテムです。
>>スタッズシングルモンクストラップシューズ
足元にはどんなアイテムにもあう、スタッズ使いの厚底モンクで決まり!

>>「ウジョー」すべてのアイテムはこちら

 

 

その他の東京ブランドからも、いま買って秋までのスイッチシーズンに活躍するアイテムをまとめてご紹介していますので、是非ご覧くださいね。