PAGE TOP

FT CART

ELLE SHOP

EDITOR'S CLOSET

2017.04.14 UP

パリジェンヌ風の着回し賢者アイテム、みいつけた!

お花見シーズン、ちょっとうららかな日差しが恋しい毎日ですが、心は完全に春モードです。そんな折、クローゼットをリストラして整理していたら、定番アイテムの重要性を実感。ちょっぴり今年らしいひねりを加えているアイテムが、いかに“使える”かひしひしと感じました。

昨年、「この10個だけでいい! パリジェンヌの夏クローゼットを解剖」という特集をやりましたが、ブルーデニム、シャツ、かごバッグは、そのなかでもスタメン選手的なアイテム。ということで、今季買い!のアイテムをいろいろ物色していて見つけたアイテムを、総動員したルックがこれ。

エル・ショップでも人気の「エーピー ストゥディオ」のシャツと、「ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス」のフレアデニム、ふた付きで使い勝手も抜群の「フリーストア」のかごバッグ。

シャツはノーカラーで、クリーンな素材感も◎。シルエットも今年らしいし、ワンピース感覚でも着られて、ベージュの色みも上品。デニムは、ほんのりヴィンテージ風で、ジェーン・バーキンのデニムスタイルを思わせるシルエット。

「ミューズ」のパンツはとにかく履きやすくて生地感もよく、他のアイテムもヘビロテしているお気に入りボトム。太ももからのシルエットも、バランスよく履きこなせておすすめ。ノーストレス!で、フリンジーな裾も“it”なニュアンスがあるし、毎日履きたくなる快適さ。

リラクシングなこのスタイリングにぜひ合わせたいのが、やっぱりかごバッグ。選ぶなら、ぜひレザーとのコンビを。丈夫なラタン素材と黒のレザーのコンビが、カジュアルになりすぎないエレガントなムードを感じさせてくれます。

足もとは、パリブランドの「ロベール クレジュリー」のサンダルで、デニムの色みとコーディネート。厚底だけどとにかく軽く、アッパー部分のホールド力もしっかり。素足はもちろんソックスを合わせてキュートです。こんなパリジェンヌの休日風スタイリングで、GWはお出かけしたいです!

>>【エル・オンライン】この10個だけでいい! パリジェンヌの夏クローゼットを解剖
>>「エーピー ストゥディオ」タイプライターノーカラーシャツ
>>「ドゥーズィエム クラス」パターンフレアデニム
>>「ロベール クレジュリー」スエード×エラスティック厚底サンダル
>>「フリー ストア」【MAUVE】Ranunculus ラタンワンハンドルバスケット

    AKI'S WISH LIST

    手もとはこんなブレスをアクセントに!

    AKI

    AKIのプロフィール

    エル コンテンツ部 編集長代理
    色と柄に目がなく、どこか1点フェミニンなエッセンスを入れた着こなしが定番。往年女優では、アンナ・カリーナ、フランソワーズ・アルディ、オードリー・ヘップバーン、現代セレブではクロエ・セヴィニーの着こなしが永遠のMyミューズ。自然大好き、フレグランス大好きの感覚派人間。
    ■身長153㎝ ■足のサイズ22.5㎝

    © 2017 HEARST FUJINGAHO All Rights Reserved.