PAGE TOP

FT CART

ELLE SHOP

新型デニム“シガレットデニム”がついに入荷!

エル・ショップと直営店で先行販売中

「シンゾーン」から新型デニムがついに入荷しました。
すでに予約の段階から人気を集め、直営店舗では完売サイズも出始めました。秋までは次の入荷がありませんので、気になっている方はぜひ早めにチェックしてください! 新作デニムの名前は、“シガレットデニム”。これからのシーズンに活躍する少し細身のストレートタイプです。この人気最新デニムをディレクターの染谷さんからのメッセージとともにご紹介します!

「“シガレットデニム”というネーミングは、ワタリから裾にかけてのタバコのようなストレートシルエットからつけています。このデニムを作ろうと考えたのは、キレイめな雰囲気ではけるデニムを作りたかったのが一番の動機です。大人っぽいデニムというのか、上品な雰囲気がこのデニムの最大の特徴です。生地はリジット(未洗い)でも、心地よく穿ける厚すぎず薄すぎずのオンスで、なおかつ、織りのテンションも穿きやすさを考慮した生地を採用しています。

今年の秋冬はスカートやワンピースとレイヤードして、ボトムの重ね着を楽しむスタイリングも新機軸として期待されます。その重ね着に最適なシルエットもこの“シガレットデニム”です。そのために古着加工の色落ちしたタイプも作っています。プリントのスカートなどと合わせ、フルレングスではくのがおすすめ。
古着のデニムをリメイクしていて発見したこのシルエットは、とても独特なシルエットです。カットオフデニムに比べるとヒップに対しワタリが細いので、ややクセのあるシルエットですが、生地の特性ではきやすくデザイン。
“シガレットデニム”にピンクや白のカラーブーツを合わせてカシミヤのニットを着たりジャケットを着たり、ボトムのレイヤードをしたりして楽しんでほしいと思います。」

お洗濯とお修理について
・ブルー(古着加工)は、普通に洗っても問題はありません。
・リジット(未洗い)は、リジット感を残したい場合は、ドライクリーニングに出してください。パリッとした感じに上がります。
 (クリーニングに出す際には必ず「ドライクリーニングで!」とお伝えしてください。)
・リジットを色落ちさせながら楽しみたい場合は、裏返しにして洗濯機で洗ってください。
 その際、未洗いのデニムなので縮みが発生します。洗い方によりますが、ウェスト、ヒップ、股下あたりが縮みます。
 裾上げをする場合は、縮みを考慮して2.5cmくらい長めにしておくか、一度洗ってから修理に出すと短くなってしまう心配がありません。

© 2017 HEARST FUJINGAHO All Rights Reserved.